作成した文書を読み取り専用にする


会社などでファイルを共有する時に
閲覧するだけで変更して欲しくない場合は
読み取り専用にする方法があります。

作成した文書の上で右クリックして
「プロパティ」を選択します。

yomitori1.jpg

読み取り専用にチェックを入れて
OKします。

yomitori2.jpg

この文書を開いて修正した場合
上書き保存をしようとすると


ただし、別名で保存し直すことは可能です。

必要な時に使ってみてくださいね。






中身を確認して開きたい


ファイルを開く時、似たようなファイルがあって
迷いますね。

中身を確認しながら開くことができます。

「ファイル」→「開く」でクリックします。

hiraku1.JPG

開きたいファイルが入っているフォルダを指定します。

「表示」の横の▼を押して、「プレビュー」でクリックします。

hiraku2.JPG

左側のファイルをクリックすると
右側のプレビューに表示されます。

hiraku3.JPG

中身がわかるので便利ですね。




複数ファイルを一つにする


複数ファイルを、ひとつにまとめたい時
簡単な方法があります。

このような2つのファイルがあります。

kihon1.jpg

kihon2.jpg

一つに、まとめてみましょう。

挿入したい場所にカーソルを入れておきます。

「挿入」→「ファイル」でクリックします。

kihon3.jpg

挿入したいファイルを選択して、「挿入」をクリックします。

kihon4.jpg

2つのファイルが、一つにまとまりましたね。

kihon5.jpg

大勢で分担して文書作成している場合などに
便利な技ですね。